家系ラーメン

f:id:Nikkisc:20200214141036p:plain

家系ラーメンの定義みたいものを読む機会があった。。。日本を離れてかなりたつので、家系ラーメンとはよく聞くが、詳しくは知らなかった。で、家系ラーメンとは、豚骨醤油ベースで、太いストレート麺だとかなんとか書いてあったのだが、アメリカのラーメンはまさにこれに近いと思った。


アメリカ人は豚骨ラーメンを好むというが、醤油ラーメンは色が濃すぎて受けないのかなぁ、と個人的には思う。あんなに色が濃いスープはたぶんアメリカにはないと思う。色も味も、豚骨系のスープの方がアメリカ人に合うのは、なんとなく理解できるかな。


うちの近所のラーメン屋さんは、豚骨醤油ベースで太麺。縮れ麺だけどね。具はアメリカだからってこともあるが、日本のよくあるトッピングとは違ったものだが、それもまた家系ラーメンっぽいかもな、と思ってなんか面白い。


そこのラーメン屋はやはりアメリカなので、寿司だとかもある。安くはないが、けっこう美味しいのでラーメンとお寿司という、よく分からない組み合わせで注文している。ちなみに、とんかつもある。娘はそのラーメン屋に初めて友達と行ったとき、とんかつを食べたそうだ。「え?なんで?ラーメン屋じゃん。ラーメン食べなかったの?」と聞いたら、その日はとんかつが食べたかったそうで。娘はとんかつがけっこう好きみたいで、家を出た今もたまに自分で作って食べているらしい。


とんかつといえば、この間、息子がかつ丼が食べたいというので、とんかつから作らされた。。。親子丼とか他人丼でもいいじゃん、と作る方は思うのだが、かつの方が美味しいと。。。それもそうだが、余ったとんかつを次の日にかつ丼にする、といった食べ方が多いと思うのだが、「揚げたてのとんかつでかつ丼なんてな、贅沢だわ」、と思いながら作った。


読んでくれてありがとう。

 

 

 

 


 

焼肉屋に行ってみた

f:id:Nikkisc:20200211155119j:plain

アメリカ人、日本料理に飽きてきたのだろうか、だんだん韓国料理が流行ってきた。私はうれしい。。。韓国料理、大好きなのでね。辛い物が好きなので、韓国、最高!日本料理は素材が良くないと美味しくはないので、やっぱり日本の食材で作った方が美味しいと思う。野菜も肉も魚も、何もかも、日本とアメリカでは味が違う。


それで、焼肉屋の話だが。たぶん、大都市だったらもっと本格的な焼肉屋があるのではないかと思う。夫はかなり昔にカリフォルニアで食べたことがあると言っていた。「自分で焼くやつでしょ?」とね。


でも、ここはアメリカ中西部の某小都市。まぁ、本場韓国の焼肉屋も行ったことがないからわからないけど、私たちが行ったところは、アメリカ人、しかも小都市にいるアメリカ人に合わせたメニューで、まあ、妥当なかんじというか。


写真を撮れば良かったのだが、なんかこっぱずかしいから撮らなかった。私たちは、プルコギ、ハーブチキン、辛めの豚肉の3種を頼んだ。プルコギは普通にプルコギだった。薄い肉なので、グリルの上でちょっと炒め気味にするとすぐに火が通った。ハーブチキンはアメリカっぽいかな。でも、味付けは薄目だったので、タレをつけたり、キムチと一緒に食べたりすると美味しかった。辛めの豚肉は薄切り肉をコチュジャンたっぷりのつけ汁で味付けされていたので甘辛く、ご飯ととても合うものだった。


ほか、韓国レストランではいろいろな前菜だとか、箸休め的なものが勝手に出されるので、かなりボリュームがあった。キムチ、ピクルスっぽいもの、コーンの和え物、チヂミ、サラダだとかがあった。キムチはひとりで食べまくった。ははは。


夫は辛い物が苦手なのだが、最後の辛めの豚肉以外は美味しいと食べたので良かった。けっこうこの田舎にしては高くて、一人23ドルぐらいもしたのだが、夫は珍しく文句は言わず「この値段でこれぐらい食べられたら、まぁまぁかな」と言っていた。彼は安かろう、悪かろう的な外食を好む、というか、あまり美味しいものは好まないというか、そんな人だし、アメリカ料理の方が好きなのだが、たぶん、自分で調理したり、いつもと違うかんじのレストランだったから楽しかったのかもしれない。


家でもプルコギとかたまに作っているけどね。


読んでくれてありがとう。

間違った情報

f:id:Nikkisc:20200208141341j:plain

日本のネットをいろいろ見ていると、アメリカの情報が間違えて解釈されていることがたまにある。まぁ、アメリカに住んでいるわけではないので仕方がない。私だって今の日本の状況は、ネットで読んだことしかわからないのだし。

さて。今、アメリカではインフルエンザが大流行しているが、健康保険を持っていない貧困層が、治療だとか予防接種を受けていないから流行してしまった、と書いてあったのだが、ちょっと間違っている。

まず、貧困層は国のヘルプが得られることが多い。だから、保険は安価(または無料)で利用できることもある。ただ、これは住んでいる所によってかなり差があるので、安い保険を利用できない貧困層もいるだろう。また、ただ単にそういったヘルプを受けることができることを知らない貧困層も多いだろう。

ちなみにアメリカでの健康保険はかなり高い。これも場所によってかなり違うだろうが、20代の私の子供たちは月に150ドルぐらいを保険に払っている。1万5千円前後か。私ぐらいの中年になると、その倍近くになるのではないかな。

それでは、誰が保険を持っていないのか?貧困層は政府のヘルプを得られることができる(場合がある)。金持ちは当然、保険なんて楽々に払える。一番保険を払うのに困っているのは、中層階級の人たち。政府のヘルプが得られるほど貧乏ではない。かといって、家族全員の保険代が払えるほどの収入もない。それで、無保険になってしまうわけだ。。。貧乏な方が得?????

それにしても、本当に今年のインフルエンザはひどいみたいだね。中国のコロナウイルスと変わらないぐらいかもしれない。このあいだは市内の病院からの通知があったのだが、インフルエンザの患者は当然のこと、患者と接触があった人は病室などへの侵入は禁止だとかね、書いてあった。インフルエンザの症状がある人も、なるべく自宅で過ごして、薬などはオンラインなどで処方してもらって欲しい、などとも書いてあった。感染の予防や、病院があまり混まないようにするための通知だろう。

あとひとつ、とてもくだらない話なのだが、ある人(日本人)がフィリピンに行った時の動画をyoutubeに載せていた。彼はフィリピンのコンビニでホットドッグを買ったのだが、アメリカのコンビニと違ってパンも温めてあるから美味しい、と言っていた。それを何度も言っていたのだが、ふざけんなー、うちの近所のコンビニはどこもホットドッグのパンは温めてあるぞ!!!!!ただ温めているだけではパンが乾燥してしまうので、スティームがかけてある専用の入れ物に入って温めてあるよ。この人がたまたま行ったコンビニのパンが冷たかっただけで、アメリカのすべてのコンビニのパンは冷たいみたいなことを、何度も言って欲しくはないわ。

でも、私は海外生活の動画はとても好きなので、彼の動画も面白かったけどね。

読んでくれてありがとう。

お茶のサブスクリプション

f:id:Nikkisc:20200201150452j:plain

 

お茶のサブスクリプションを去年に始めた。英語ではサブスクリプションだけど、日本語ではどうやって訳せばいいのかわからなかった。「定期購読」という言葉はあっても、「定期購買」はないよなぁ、と思って。でも、今はこの言葉も日本では普通に使われているようで、思いっきり「サブスク」なんて略されていたりもしたので、私も真似して「サブスクリプション」と書いてみた。ははは。


ちなみに、YouTubeなんかの「登録」は、英語ではサブスクライブ。。。なので、よくあることだが、この言葉、ちょっと日本では違った使われ方をしている可能性もある???


さて、お茶の話へ。約20年ぐらい前に私がアメリカに来たときは、緑茶なんて売っていなかった。紅茶はあったが、あまり美味しくはなかった。もう少し高級なお店だったらましなお茶が買えたのだろうか?今は緑茶も普通にスーパーで売っているし、味もかなり良くなった。もちろん、母に送ってもらった日本のお茶の方がだんぜん美味しいのだけどね。


私は中国茶も好きなのだが、旅行で大きな町に行ったときに、ちょっと高めな中国茶を買ったことがある。高めなだけはあったね、とても美味しかった。そこのお店のお茶はネットでも買えるのだが、なんせ高かったので、その時以来、そのお茶は買っていない。

 

前に子供たちが日本のお菓子だとかをサブスクリプションしていたことがあったので、私も何か頼みたいなぁ、と思っていたのだが、どれもけっこう高い。スパイスだとかお茶は安いものがあったので、お茶を試してみることに。一か月15ドルで4種類のお茶が届くものを頼んでみた。1種類で4カップ分程度のティーバッグやお茶の葉を送ってくれるので、毎月16カップ分ぐらいが届いている。


正直、あんまり期待はしてはいなかったのよね。いろんなお茶を試すことができるから頼んでみようか、という程度にしか思ってはいなかった。でも、いざ届いたお茶を飲んでみたら、ここではどこでも売っていないようなお茶が毎月届き、しかもどれも美味しくて、これは本当に頼んで良かったと思う。緑茶や紅茶はもちろんのこと、中国茶やハーブティー、チャイなんかも送ってくれるのだが、好みを最初に登録できるので、カフェイン少なめがいいだとか、ハーブティーはいらないだとか自分好みにできるのも良心的。


母がボケてきていて、もう、美味しいお茶を送ってもらうこともできないなぁ、とは思っていたが、今のところはこのお茶でとても満足している。確か、日本茶のサブスクリプションをしているところもあったと思うが、ちょっと高めだった。でも、いつかは頼んでみたいな。

 

読んでくれてありがとう。

アメリカのカップ麺でチャーハンを作ってみたよ

f:id:Nikkisc:20200126122702j:plain

なんか最近よく、「カップヌードルを使ってチャーハンを作った」という動画を見るので、私もアメリカのカップ麺で作ってみた。検索すればすぐに出てくると思うが、ザーッというと、普通にご飯と卵を炒めたあとに、適量な水でなんとなくふやかしたカップ麺を投入してチャーハンを作る、みたいなかんじ。でも、なぜか行ったスーパーには日清のカップ麺がなかったので、マルちゃんのもので作りました。。。この「シュリンプ味」ってのが一番日本のしょうゆ味に近いように思うので、これを使ってみることに。

 

ちなみにアメリカのカップ麺は日本のほどは美味しくはないが、まあまあかな。安いし。1ドル未満。100円以下。最近は日本のカップ麺やラーメンもスーパーに売ってるけどね。

 

で、作ってみた感想は、思ったよりもチャーハンっぽい味でなかなか良かった。簡単だしね。ただ、こちらのカップ麺は具が少ないので、野菜や肉類を加えるともっと美味しいかもしれない。日清のでも、「謎肉」とか入っていないし。ははは。

 

また、シーフードヌードルも美味しかった、だとか、韓国の辛いやつでもいけた、とレビューしている人もいるので、そのうち作ってみよう。

 

そういえば、かなり昔、チキンラーメンをお米と一緒に炊くと美味しい炊き込みご飯ができる、ときいたので、母が作ってみた。わりと美味しかったとは思うが、ご飯とヌードルが一緒に入っているのはちょっと違和感があった。このカップ麺のチャーハンは、実は最初に麺をジップロックの袋に入れて砕いてから作るのだが、母もチキンラーメンを砕いたら良かったのかな、なんてちょっと思い出した。

 

読んでくれてありがとう。

コアラのための募金

f:id:Nikkisc:20200122114157j:plain

 

やっとオーストラリアのコアラのための募金をした。たったの1ドルだけど。。。オーストラリアの火災の様子を見るたびに、募金など何かして助けたいとは思ってはいた。


そんなある日、最近はあまりやっていなかったゲームから通知が届いた。コアラを助けよう、という通知だった。「ゲーム内でコアラを1ドルで販売するので、ぜひ買ってほしい。その収益金はすべてコアラを助けるための寄付にする」、ということだった。それなので早速1ドルでコアラを買ったというわけ。もっと募金をしたいので、調べてもう少し募金をしたい。


募金は貧乏ながらもできる範囲でするようにはしている。その昔、アメリカでのハリケーンかなんかで、募金はもちろんのこと、物資なんかも集めていた時があった。私はその時は5ドルだけ募金した。こんなちょっとのお金じゃ大したことないな、とは思ったが、その時は5ドルを出すので精一杯だった。


でも、その数日後の新聞に、「5ドルあれば水が5本買えるので、5人の人を救うことができる、もっと安いところだったら10本から15本ぐらいの水が買えるだろう。額は関係ないので、できるだけ募金してほしい。」といった記事を読んだ。そうか、5ドルだけでもそれなりに役に立つのか、と分かったのでそれからは無理のないところで募金をするようになった。

 

コアラだけではなく、本当に早くに火災が収まって、野生動物はもちろんのこと、オーストラリアの住人達も元のように安全に暮らせるようになってほしい。


読んでくれてありがとう。

いらない着物、どうしよう

f:id:Nikkisc:20200116142241p:plain

うちには着物が結構ある。浴衣もある。浴衣ぐらいは自分で着られるが、さすがに着物は無理だ。しかも、なぜか着物ばかりがあって、帯やその他の小物はあまりない。帯なんて2本ぐらいしかないのでは?この着物はすべて母が送ってきたもの。正直、着られないものを持っていても仕方がないし、第一、私は着物には興味がない。成人式にも着なかった、というか、成人式に出席しなかったし。バイトしてたよ、成人式の日は。


母のいとこだったかな?なんか親戚が呉服屋をやっていたらしく、昔は反物が結構安く手に入っていたそうだ。祖母が着物や浴衣を縫っていたことも覚えている。子供のころは祖母が作ってくれた半纏を着ていた。そのためか、誰も着ないのに着物がたくさんある家になってしまった。


今日、夫が部屋を片付けていた時に着物の一部を見つけ、「これ、捨てていいの?」と聞いてきた。タダでもらってもうれしくないような、古い着物と羽織り、それと紋付の着物が出てきた。紋付は母の実家の紋なので、私が着るわけにはいかないし、この紋を継いでいるいとこにあげれば良かったのになぁ、とは思う。


一番厄介なのが、母が成人式の日に着た、という着物。絹地で金粉がついていて、保存するだけでも手がかかる。母は成人式の時は誰の着物よりも目立っていた、といつも自慢していた。でも、今になっては古びた着物でしかない。それでも、何枚かの着物は母の友達が服にリフォームしてくれて、一着私にもくれたが、ブカブカだったのでエプロン代わりにしている。エプロンっていうか、着るやつ、かっぽう着か。

 

ここでの日本人の友達が、日本文化を紹介する仲間を作っていて、よく浴衣を着ているのだが、羽織りまで持っている人はあまりいないので、着られそうなものは欲しい人がいないか聞いてみようと思う。浴衣じゃ寒い時もあるので、羽織りもあるとけっこう便利だったからね。それとも娘が使うかな?彼女はここである日本祭りに浴衣を着て出かけるのが大好き。髪をきれいにアップにして、毎年友達と出かけている。


ちょっと思い出したのだが、中学生の頃は、祖母が編んでくれたマフラーを使っていたな。祖母っていろいろ作ってくれていたのでしょうね。私も編み物は好きなのだが、今は手が痛くてちょっと無理。アトピーの時の痛みもあったけど、今は年からくる関節の痛みがあって、編み物はきついな。


捨てるのはいつでもできる。古い浴衣は雑巾みたいにして使ってしまってもいいが、祖母が一針、一針縫ったのだろうな、とその縫い目を見ると、捨てられなくなってしまうのよねぇ。でも、昔だって古い浴衣なんかは赤ちゃんのおむつにしたりしていたようだし、何かに再利用して処分しようかな。着物は生地的にあまり使い道がないけどね。


読んでくれてありがとう。